『ワーク終了して、生活が激変した』 【上級ヒーリングワーク体験談】 生野貴大さん  

私はクリスマスの
グループヒーリングを受けたことがきっかけで

ワークショップに参加しました。





ヒーリングについての知識はほとんどなく、
自分が受けたときも

「よくわからないけど楽にはなった」

といった感じでした。





第1回の講義。

どのように超能力を身につけるのだろう
と構えていると、

意外にも内容は「習慣」の話。

それも拍子抜けするほど普通というか…

「不思議」や「特殊」な要素は
ありませんでした。

そしてヒーリング自体も
超能力や魔法ではないことを知りました。





第2回からは少しずつ
実践的な講義に入ります。

基礎を学んだらひたすら実践。

毎月講義で知識と意識を更新しながら、
実践で自分の中にヒーリングの「型」を作りました。

そしてふと自分のやっていることに
疑問を持ちそうになったとき、

第1回の講義の内容が
「習慣」であったことを思い出し、

それが土台でありすべて
であることを理解しました。





世代も出身も違う方達と、
ヒーリングという未知の技術を

真剣に学ぶ時間は自分にとって
とても貴重な時間になりました。

そして、信頼できる仲間ができました。





ワークの終了とほぼ同時期から
私の生活は激変しました。

長年家にこもりがちだった自分が、
今現在働いています。





誰よりも自分自身が
この変化に驚いていますが、

ワーク中にヒーリングを学ぶことにより、
意識や習慣が自然に変わっていきました。





ワークが始まってから、
私は毎日家族をヒーリングしています。

体調が悪い人、病気の人が目の前にいるとき、
それを治すために「何か」ができる

ということは幸せなことだと思います。





今回ワークを受けて、
ヒーリングの習得だけでなく

自分に自信をつけることができ、
何事も前向きに物事を考えられるようになりました。





前里さん スタッフの皆様 一期生の皆様
本当にありがとうございました。

今後ともよろしくお願い致します。








上級ヒーリングワーク第1期生 生野貴大