『あなたの精神力が、メスになる ~ヒーリング治療の現場から~』 







『6年ぶりに歩いた77歳の女性 』





こちら、パーキンソン病の女性です。





少し、当時の話をしますね!





この頃、ヒーリングは
仕事ではありませんでした。

無償でやっている、
ボランティア活動でした。



細かいところで言えば





●交通費⇒すべて負担

●責任⇒完治までを期待

●仕事量⇒
  体外離脱での診断・分析・治療方針会議・
  グラウンディング・実際のヒーリング・説明など

●感謝⇒痛みとともに去りぬ

●MVPなど各賞受賞⇒もちろん、なし!^ ^






一部、冗談でありながら、すべて本当です!
















ミツさんは当初、

何の見返りもなくヒーリングを実践
していました。

また、あまりの
奇跡的な内容に社員も勝手が分からず

ミツさんが細かくメールや電話などで
初めての対処の仕方など指示もすべてやっていました。





そして、僕がミツさんを見てきて
大変だなと思うのは
、こういうことです。








●ヒーラーは、責任を負う覚悟でやる!

●しかしクライアントの方は、治れば忘れる!









不思議なんですが、
人は治ると忘れるんです笑


過去を、忘れるんですね!





だけど逆に、少しでも痛みがあると
それを探して報告し、



「ここがまだ痛いですが」



ってなります。

なぜか?

100のうち70よくなったら、
その70も忘れるからです。










また、完治をしても忘れるから、
人によっては繰り返す。

だからヒーラーに会って、そのときに少しでも
調子が悪ければ、こういうふうに言います。





「ここがまだ、治っていません!@@」





しかし、そんな状況がありながら、
ミツさんは意にも介しません笑


ただ、依頼された方に集中するだけ
と言っていました。





さすがに僕も、人間心理は
本当に不思議だなと思いました!

いろいろ、勉強にはなります。










実は、ご存じの方もいるかもしれないですが





●病気は、自分で治す!
●ヒーラーでは、ない。






本人の自然治癒力だったり免疫力を上げるために、

あらゆる目には見えない存在、
目には見えない武器
を使って、

病気に、クライアントに、
はたらきかけます。



そのときの集中力!



ヒーラーの集中力は、
膨大なエネルギー消費になります。











この女性の方の奇跡的な回復があり、
このような症例を何十も重ねました。



そして、もうこれは間違いないだろうとなり、

ヒーリングは『333ヒーリング』として
前里光秀研究所の商品になっていきました。






2017年2月の、映像です!










そしてこの方には、
後日談があります。










後日のヒーリング時に、ミツさんが波動調整を
事前にやっておいてほしい


社員に役割分担を依頼したんですね。

集中的にヒーリングするために!



そして1つ注意点として、





●コーヒーは飲まないように





って言ったんです。



実はコーヒーはヒーリングと逆の波動をもっていて、
治療効果を止める
んです。

それを聞いたクライアントと一緒にいる社員が





「ディカフェ(カフェインレスコーヒー)
 を飲んでいます!」






と言いました。



すると、すかさず体外離脱したミツさん。



そのコーヒーを遠隔で確認し、





「カフェインが入っています!

高波動チューニング時には
もの凄い衝撃波になります。」






と言ったんです。

調べると、脳の波動が
すでに落ちてきていたそう。





すぐそこからヒーリングした場所に戻るように段取り。

その部屋は、チューニングされている
からですね!





実際、それまで何日もかけて改善してきていた
そのクライアントの方は、

戻ってきたら足が震えていたそうです。





結局、その日はヒーリングが中止となりました。





コーヒー好きの方には、大変悲しいお知らせですが(泣)、
コーヒーは身体の波動を下げるはたらきがあるようです。

もちろん、飲みたい方は自由に飲んでくださいね!

それがどうとかいうことではなく、
ただの僕らが調べた中での事実です。





●受験も、合格するまで集中する!
●合格のみが、本人を幸せにする。






病気の方にとって、完治のみが、
または限りなく完治に近い状態のみが、

本人を幸せにします。





そういう意味で、『3000人セッション』
は特別なイベントです!

イベントでありながら、イベントではない。










ヒーリングは、メスを使わず
西洋医学と勝負します。


何も持たず、それは資格だって持たず。

その代わり、
精神力をメスに変形させ、治療する。










心で、治療する!










それを作動するのが、心。
つまり、集中です。



仕事も、人間関係も、ヒーリングも、
心次第。






僕たちは、ミツさんにいつもそう教わっています。









前里光秀研究所 和田一真