『ここにいたら、何でもできる』 【上級ヒーリングワーク体験談】 国枝美樹さん 

1月からスタートしたJHW(上級ヒーリングワーク)が、
8月18日の修了証授与式でついに終わりました。

毎月土日の二日間通っていたJHW。

それが終わってしまうと思うと
しばらく寂しさが込み上げていましたが、

1期生の仲間がどうしたらもっと輝けるかを考えていた時、
突然閃きが押し寄せて、今まで経験したことのない
ワクワク感が湧きあがってきました。

とても深い愛情までも仲間に対して感じていました。

さらに仲間とのこれからの交流がとてつもなく
楽しいものになるという想いに感動してしまいました!

さらに、自分の中にドーンと軸があって
やっと人間になれたと思えました(笑)





1月から学んで積み上げてきて、
やっと体感として味わうことが出来ました。

ミツさん、一真さん、美輪さん、みやこさん、
みなさんありがとうございます。





JHW期間中は、学んでいるという依存心で
受動的になり過ぎていた事もわかりました。

学ぶことよりみなさんと会う楽しさ、
竹ちゃんでの飲み会に集中していたように思います。

これからは自分で実践していかなければならないと、
途方に暮れた後で、やっと、自分のしていたことが視えました。





まだまだ低速回転の引きが強く、
超高速回転の安定供給が出来かねますが、
そこがあると体験したことは、これからの大きな指針となります。

あの集中力が半端なく、色鮮やかな超高速回転の世界。

視界良好で毎瞬毎瞬を捉えることが出来る
贅沢感はたまりません。





ここにいたら、なんでも出来るし、
思うと考えると同時に閃きと答えがやってくるのです。

そしてこの集中力をもってすれば、
ヒーリングはもちろん何でも出来る存在となって
より大きなエネルギーを扱うことになるのでしょう。

病気の治療や教育やプロデュース業や
環境までも対象となるような。。。





話は大きくなり過ぎましたが、JHWは
私にとって大きな方向転換をするための
プッシュプッシュの期間だったと思えます。

モノスゴイパワーで絶え間なくプッシュし続けてくれた
ミツさんに深い深い感謝を感じています。

ありがとうございます!

もう大丈夫だと思えます。
自分を信じることが出来ています。





1期生のみなさん、一緒に学びの期間を共有した仕合わせは、
これからも続きますね。

だから、これからもどうぞよろしくお願い致します。








上級ヒーリングワーク第1期生 国枝美樹