【肩に槍が突き刺さったような痛みを感じる線維筋痛症の女性へのヒーリング⑧】 

次の日、8月4日(土)は
昨日と打って変わって

少し暗い表情でCさんは来た。



ヒーリングで改善した身体が、
夜には痛み出したという。

激痛で布団もかけることが
できなかった。



これは、よくある現象だ。



人の成長も、企業の成長も、
ある種のバイオリズムをなしている。

病気の痛みだって、繰り返す。

重要なのは、全体として
よくなっているのか?

悪くなっているのか?



答えは、前者だ。



だから、まったく問題ないと
ミツさんは言っていた。

ただ、Cさんは不安になっていた。



この日のヒーリングでは、
ミツさんは直接手を触れてやっていた。

正直、驚いた。



病気の人にヒーリングするとき、
絶対に触れてはいけないと教わっていたから。

エネルギーを流すと同時に、
エネルギーを受け取ってしまうから。

それが意味するのは、その病気の
痛みをもらうということだった。



それが、Cさんの表情を見てか
緊急対応として手を当てていた。



さらに、はじめて見る類いの
ヒーリングがはじまった。

ミツさんが、Cさんから1~2m離れたところから
ヒーリングをはじめた。



Cさんの背後に立ったミツさんが
パントマイムのように手を動かす。

すると、それに合わせるように
Cさんの身体が引っ張られたり揺れたり。

まるで気功師のような
ヒーリングだった。



それが終わって、Cさんは言った。



「まだ力が抜けないんです。
痛みがさっきよりも増している…」



すると、ミツさんは言った。



「もう少しすると、痛みは引いてきます」



それからヒーリングを続けると、
ミツさんの予想通り、痛みが引いてきた。

まだ痛みがあると言っていたが、
ミツさんはさらによくなるはずだと言った。

Cさんには、また連絡すると話して
帰ってもらった。



終わってからミツさんに聞くと、
今までにないまったく新しい治療法だと。

さらに、体外離脱でいくつも意識を分割して
同時にヒーリングをしていたと。

その分割した人数、48人。



48人ものミツさんが同時でヒーリングしたから、
必ず改善するはずだと言っていた。