前里進化!2月3日に向けて調整中! 


本日、久しぶりに対面ヒーリングに
立ち会わせていただきました。


フルトランスチャネリングが始まるのかと思いました。


要するに、「そういう空気」になりました。


これまでとはまったく違うことが一瞬でわかりました。

長年スピリチュアルな仕事をしている僕の「感覚」を、
信頼してくださいね 




僕はこれまでフルトランスチャネリングに入る前に、
必ず寝てしまっていました。


今日は、入り口でグラウンディングを任されたので、
しっかりとグラウンディングをし、
シンプルに何度も何度も繰り返していました。

すぐに強烈な眠気がきましたので、
目を開けたままグラウンディングのイメージをしていましたが、
無理でした。

寝てしまいました… (*_*)


正当化するつもりはありませんが、
あれは無理です。




これまでと違っていたのは、
前里の呼吸です。

深~い呼吸が続き、
フルトランス状態への導入呼吸と同じでした。


SANが来たときの空気が一変する感じ。

ほぼそれ。



イメージ的には深く吸って、ゆ~っくり吐きながら、
吐いているときにヒーリングをしている感じ。


パントマイムをやっているかのように手が動いていました。

リアルすぎて、そこに「何か」があるように見えたほどです。



「これまでで一番のヒーリングだったよ」



珍しく前里が言いました。


かなり感覚が研ぎ澄まされているようです。


あるやり取りをご覧ください↓


美輪「ヒーリングの依頼を受けた」

   「4万人に一人の難病で依頼者は友人」
   
   「しかし…

   病気になって以来、本人は一切誰とも連絡をとらなくなり、
   生きているのかどうかもわからない。」

   「2017年の半ばくらいに「年内もつかどうか…」と言われたようだ」

   「出身地と名前だけはわかる。」


前里「この方はだいぶ痩せている」

   「脳に異常がある」

   「視力もだいぶおちている」

   「おそらく筋肉の病気」



   「でも… 治せるよ」




僕がその方の状態を伝える前でした。


【依頼者からの情報】

・脳梗塞で倒れた
・一命はとりとめて退院すると聞いた
・その後に4万人に一人の難病と言われた(病名はわからない)
・だいぶ痩せてしまって、人に見られたくないと言っていた
・はじめはLINEでやりとりをしていたが、既読にならなくなった



前里がチャネリングでとった情報は、
上記の内容と合致していました。


それも早かった!



そして、「今の俺なら治せると思う」


と言ったんです。



4万人に一人の難病で、
西洋医学では治せない。

病名もわからない。

その状況で、「部位は特定できた」

と言いました。



患者さん本人と連絡が取れないので、
確認のしようがないのが事実。



しかし、前里がわざわざ僕に嘘をつくわけもなく、
その言葉は断定的であり揺らぎがなかった。

そしてこう言いました↓

1月7日の100人セッションの時もかなり進化したと思ったけど、
今はあの時どころじゃない。


2月3日はさらに成果を上げるから、
たくさんの方に申し込みをもらってほしい。


1万円で難病が治るかもしれない。

こんな奇跡はなかなかないよ。
自分でも驚いているからね


「わかりすぎて」


本当に困っている人が100人セッションを受けられないなら、
それは伝えていない社員の責任。



「お前らにはそれを伝える責任がある」



以上




僕はずっと前里の進化を見てきました。

今回の進化・変化はこれまでで一番です。





昨日の新年会である方が僕にこう言いました。



「ミツさんから危機迫るものを感じる」

「前回の100人セッションがまだずっと続いているように感じるくらい、
ミツさんのエネルギーのようなものを毎日感じる。」


「思いがすごすぎて、なんだか泣けてくる」


と言って、涙を浮かべていました。



ありがたい言葉だなぁと僕は思いました。









そして前里は昨日もこう言っていましたよ。





「治るんだったらなんでもいいよね。
病院でもヒーリングでも。」

「治って喜んでいる顔を見ると
こっちが嬉しくなるからね 笑」





新年会の打ち上げの居酒屋で、
酔っていたからなんだけど、
僕も泣いてしまいました 笑



美輪勇気