「安定剤を飲まなくてもよくなった女性」 【333ヒーリング体験談】 

こんにちは✨

クリスマスセッション
ありがとうございました。



まず1日目

自宅にて目を閉じて
ヒーリングを受けました。



始まってすぐ目がじんわりと熱くなって
涙と一緒にゴロゴロとした汚れ?
が流れて行く感じでした。



そして耳鳴りがして上半身があたたか〜く
包まれたように感じました。



少し眠くなってきたので横になりました。
すると、今回お願いしていた左肩付近が
矯正されてるような感じがして
力が入っていたのか
ストンと肩の力が抜けて軽くなりました。



そうしていると目を閉じてる視界の左側から
丸い小さな人?小人?
何て言ったらいいか表現しずらいのですが
何人かカラカラっと小走りで出てきて、

まるでヘリウムガスを吸った時に
出るような声でペッタン、ペッタンと
何度も聞こえてきました。



とても可愛らしく面白くて
なんだろう?と
良い意味での高揚感がありました。



しばらくして楕円形をしたものが
映像?写真?みたいなのが
中央に映し出され
その横にスケルトンの四角いボードが見え、

楕円形の中は空洞なのですが
その空洞の内側に
白いテープのようなものを
貼り合わせてるのが見えました。



ペッタン、ペッタンはまだ聞こえていて
なんとなく楕円形のものは
細胞ではないかとわかりました。



そして細胞の傷んでる箇所を
修復してくれてる様なイメージが
伝わってきました。



私は寝ているのですが
私の体の上に透明な
たぶん私の体が映し出されているのが
見えました。



すみません、
とても表現しづらく伝わらないと思います。



そして可愛らしい声で、
終わり〜〜と聞こえました笑



その後多分私は寝てしまったのか
わかりませんが、気づいた時
あれっ?私今何してたんだろう??と思い、
まるでどこかにタイムスリップしてたのか、

単なる寝ていて夢を見ていただけ
なのかわかりませんが
不思議な体験をさせて頂きました。



私的にはとても楽しかったですし、
1日目のヒーリングが終わった後は
ニコニコしていい気分で過ごしました。





2日目

前里先生に直接ヒーリングを受けました。

主に恐怖心を癒してもらいたい事を
伝えました。



恐怖感が強く安定剤を服用しておりました。

でも服用すると身体がとても怠くて
起き上がる事も出来ない日があり
お薬を飲まなくても良い状態になればいいと
願ってました。



頭を中心に熱くなりました。
ほっぺも熱くなりました。



私は交通事故で顔を火傷し
顔の皮膚が赤くて、
それも今回メールで希望として
書いておりました。



結果として、帰りの新幹線は
薬を飲まずに帰って来れました。

また帰って以来
お薬を飲まずに過ごしています。



病院の先生より断薬の仕方などの
適切なアドバイスを頂いていても
止める事がなかなか出来なかったのですが

お薬を飲むのを忘れてしまうくらい、
精神的に安定した日を送れている
と言う事だと思います。



病院の先生にお電話で確認した所、
服用せずに過ごせるなら
そのまま頑張りましょう
との事でしたので

これからこのままお薬に頼らずに
過ごせたら嬉しいです。



顔の皮膚は洗顔後のヒリヒリと
真っ赤になる症状が緩和されています。

洗顔後のヒリヒリ感は
どんなに洗顔石鹸を変えても
治りませんでした。これも嬉しい!



自宅に帰ると、
ちょっとビックリした事がありました。



子供がガジュマルの木にお水をやったりして
育てていたのですが
葉が黄色くなりもうダメだね
と話していました。



主人もガジュマルは気になるようで
もうダメかなと話してたんです。



1日目のヒーリングが午前中で終わり
午後から新幹線で子供も一緒に東京へ。



ガジュマル君を見て行ってきまーすと。
黄色く枯れてる葉っぱと木の部分も
確認して行きました。一泊して帰宅。



するとガジュマル君を見た子供が
ガジュマルの黄色くなった葉っぱが無い!
しかも元気になってると言うのです。



本当に葉っぱが落ちた後もないし、
主人も出張でいないので
誰も何もしていません。



ガジュマルの木が元気になり復活!?
してました。



前里先生のヒーリングは遠隔で
も空間にも作用する?
のでしょうかね(≧∇≦)



ガジュマル君は
ヒーリングお願いしてないのですが…



前里先生の!ヒーリング効果は凄すぎて
謎です( ̄▽ ̄)



ですが今回は不思議な体験を通して
目に見えない力の素晴らしさを
実感する事が出来ました。

本当にありがとうございますm(_ _)m



*私は知らない間に体外離脱を
頻繁にしていると先生に言われました。

えっ?(°_°)この件はまた
先生に会えたらお聞きしたいと思いました。







M.M.さん (代女性)