ヒーラー唯一の仕事とは? 

12月開催の『333ヒーリング会』には、

病気の改善や痛みの緩和、
または身体機能と能力開発の目的で

参加されます!





しかし、これにも
立場というか前提が多く入って、

普通の治療とは
大きく異なってきます。



名を名乗るヒーラーなら、
誰でも病気を改善するということをしますが、

それだけでは
足りないと思われる側面があります。



病院に行けばお医者さんがいて、
診察をして薬を処方するか、手術するか、

または経過観察か。

どちらにしても、つぎの手段が
上記のようになっています。





しかし、ヒーラーには
それがありません!!!





ヒーラーには薬も、メスも、
手を触れて作業のようなことをすることも、

何もありません。



あるのは、医学的に見て
不治と思われる人たちの治療によって、

ある程度はやめの段階で





 □ 「痛みが緩和した!」
 □ 「手が動くようになった!」
 □ 「骨が元通りになった!」
 □ 「腫瘍が液状化した!」
 □ 「いつの間にかなくなった!」
 □ 「薬も飲まなくなった!」
 □ 「明らかに身体がラクになった!」

 □ 「もう、病院に来る必要はありません」





という言葉を
もらわないといけないのです!





なぜなのか?





なぜなら、治療方法が
目には見えないエネルギーを使うので、

過程が曖昧になると





「やってもらわなくても、
 よくなったはずです」

とか、

「これは、お医者さんが
 やったやつですよ」





と言われるんですね!



そういう意味では
ヒーラーの仕事は唯一、

病気の改善や痛みの緩和、
それは成果のみ。



だからブログに公開されているような
ヒーリングの成果報告は、

病院で不治だった人たちが
健康を取り戻した記録でもあるんです。





現代医学の歴史は
300~400年と言われています。

ヒーリングは未来医学なので
歴史はないようにも見えますが、

古くはイエスが病人に手を当てて
治した記録があるので、

2,000年という見方も
間違ってはいません。



ならば、現代医学の論理を超えた
理解不能な現象が

ヒーリングで起きているというのは、
歴史から考えれば普通なのかもしれません。



これには、いつまで経っても
まだまだ答えは見つかりませんが、

少なくとも、僕の理解を超えて
病気が改善されているのを

目の当たりにしています。



それはそれで、ひとつの答え、
文字通り「答え」なのではないか

と思うのです。





--------------------------------------------





※無料で勉強できる!
 一切コメント&返信不要。

 マネーセラピーLINE教室へご参加希望の方は、

 LINEの『友だち追加』より、
 下記QRコードをかざしてください。

 僕が、ご招待します!!!



333QRコード










前里光秀研究所 和田一真