武将の過去世を思い出した、ある男性の話 

「本当の自分とは、どういう人ですか?」





ミツさんがある男性に聞いた意図は、
エネルギーとしての本質の彼と、目の前の彼が違うから。

どんな理由かは分からないですが、
何かがあって、違う自分を演じていた。



過去世で甲冑を着た武将だったというその男性は、
ハラ意識が強く、とても豪傑な人だった。

そして、今世においても、
そのエネルギーをもって生まれている。



でも、なぜかそれを使わない違う場所にいて、
いつの間にか本来とは違う自分になってしまっていた。



パッと見たとき、その方の優しい印象は、
誰でもすぐに分かります。

とても明るいように見えたのですが、
ミツさんによるとちょっと違うというような話でした。





「完全に違う自分になっていますね。

20歳まではしょうがないですが、
20歳過ぎてからは自分次第です。

大人の落ち着きと、本当の明るさは
別でもっていないとダメですよ






武将の過去世をもつその男性は、
仕事でも何でも、リーダーシップの人生が合っている。

逆に言うと、そういう場所に立たないと、
「自分を出せない」となるんです。



そして、自分を出さない場所に長く身を置いたため、
身体にムリがあり、耳も目も脳も、とても疲れてしまったそうです。



ミツさんは、その男性と武将との間を取り持って
その男性にヒーリングでエネルギーを思い出してもらいました。

その中で、その男性の疲労箇所も、
癒やしていったんです。





---------------------------------------------------





その後、ヒーリングが終わった男性にふと目をやると、
僕は一瞬驚いて時間が止まったようになりました。





「武将が、いる…?」



休憩しているその男性の表情は、
何かを見つめていましたが

さっきまでのそれとはまったく違っていました。

ハラ意識から来る鋭い眼光で、
目が合ったら心を貫通されそうな思いがしました。





「○○さん、一気に変わりましたね。
分かりますか?」

「えっ…?いや…特には…」

物凄く、カッコよくなっていますが、
怖いくらいの鋭い目になっています」

「いや、確かに視界が急に明るくなったような気はするんですが…」





ヒーリングで本当の自分を思い出した男性は、
少し話すといつもの笑顔に戻り、また座っていました。

それでも、話が終わるとまた意識がハラに落ち、
つまり武将のエネルギーが宿っていることが確かに分かったんです。










あなたが「ガイドや過去世とつながりたい」
という思いがあるなら、

333ヒーリングはひとつの手段です。









前里光秀研究所 和田一真