④小さいおじさん登場 『ヒーリング~非物質の存在たちとの連携』 




※ こちらは、ワクスピ♪を文字起こしした記事です!
  皆さんヒーリングのお勉強に読んでみてくださいね。

  「あなたも小さいおじさん、見たことありますか?笑」










前里 「あと、太陽エネルギーとかも、背骨に照射したりします。
    すぐに身体が熱くなります。本当に、一瞬で熱くなりますね。

    それで、燃えるんです。悪いところが。

    心臓が悪い人は心臓が燃えてるんです」


一同 「えぇぇ…?」


前里 「あと、注射もよく使います。

    一昨日やったときに、これはイメージの世界ですが
    リウマチの方に打った本数は80本です」


松永 「すごいですねぇ…」


前里 「すべての関節に1~2本打っていくので、
    そのくらいの本数になるんですよね」


美輪 「イメージの注射ですよね」


和田 「ミツさんが打とうと思ってパッと打つんですか?」


前里 「そうです。

    あとは、パッと見たら打たれていてあとは押すだけ
    みたいなものもあります」


美輪 「他にもいますからね、チームが」


前里 「そうです。
    「お前が打っとけ」みたいな」


一同 (笑)


前里 「首のところをパッと見たら7本打たれていました」


一同 「えぇぇ…!?」


前里 「それを、僕が入れながら…」


美輪 「それ、面白いですね(笑)
    それは最終的にやるっていう…」


和田 「その注射の成分は何ですか?」


前里 「例えば高次元の神様だと言われている人の
    エネルギーが入っているケースもあるし…

    あとは、色。
   色っていうのは治療効果があるんですね。

    青だったり、黄色だったり、白だったり、
    ピンクだったり、シルバーだったり」


美輪 「あと分量がものすごく細かいんですよね?」


前里 「そうです。分量に関しては細かいです。
    だから、そこは勉強しながらいかないといけない。

    ほとんど、色を使います」


和田 「その神様と言われている人というのは、
    この世界でみんなが知っている人…」


前里 「まあ、そうですね」


和田 「はいはい…(笑)」


美輪 「あと、何か…?
   小さいおじさん…が、横切ったという話ありましたよね?」


松永 (笑)


和田 「えっ?そういうのもいるんですか!?」


前里 「そうですね、おじさんというか、宇宙人


一同 「うんうん」


前里 「僕の目の前を忙しそうに、何かを持ちながら
    パタパタパタ…って行ったから「あれっ?誰なのかな?」って」


松永 「誰なのかなって…(笑)」


前里 「うちの石井アサミという社員の目の治療をしているときに、
    目の中に入っていくと体育館くらいに見えるわけですよ。

    そこにいろんなパートで手術をやっていて、
    本当に、土木工事ですよ」


美輪 「はははっ…!(笑)」


前里 「その中で忙しそうに右から左に走っていく人がいたんです(笑)
    あれがね、未だに誰かわからない」


和田 「う~ん…」


美輪 「噂によると、一真くんの「何か」じゃないかって…」


和田 「いやいや…(笑)」


一同 (爆笑)


美輪 「少しだけ、噂が出てましたよ」


和田 「いや、本当にすごいですね…」


松永 「すごいですよね…!」










出演 : 前里光秀、松永みやこ、美輪勇気、和田一真(五十音順)