「人生は私に何を求めているのだろう?」つづき 

「人生は私に何を求めているのだろう?」





先日の記事ですが、
皆さんは何か考えましたか?



この前、ミツさんと話していたときにも
またその話になりました。





人生で求められているもの。





「人生が求めていることを、ただ、
無心で、楽しく、バーッとやるんだよ。

それが、人生の底上げになるんだ。

一真くんにとってそれは…」





いろいろ、教えてもらったんですね!





そんなミツさんは、小さい頃から
おばあちゃんの話をよく聞いていました。

うんうん、とおばあちゃんの言いつけを、
何度も何度もじーっと聞いていました。



その影響か、よく友達の相談に乗っていました。



「何とかしてあげたい!」という思いで、
「こうやったらいいんじゃないかな」

そう、アドバイスもしていました。



そして、30歳を迎える前、
亡くなった人たちや、ガイドと言われる存在

とのコンタクトが始まりました。





「これを、伝えてほしい」





そう言われ、メモにして
1つずつ伝えるようになりました。

そうするうちに、「私も相談したい」という人
の問題解決をするようになりました。



それが今では、前里光秀カウンセリングという
独自のカウンセリング体系をつくっています。





--------------------------------------------





「まずは、人生に委ねてみるのも必要じゃない?

そのままやってきたことをやればいいのに、
たぶん、多くの人は自力でやるようになっちゃったんだ。

求められているものじゃなくってさ」





「そうですねぇ~!

やりたいことも大事ですが、
まずはやってきたこととか褒められたことですね」





大人、親!という枠を抜きにして。
会社の役職!という枠を抜きにして。

時間がない!という制限も一旦外して。



そう、裸で考えたときに、
あなたは何を求められているでしょうか?



たぶんそれは、今、日々の中で
誰かの声を通して求められているはずです。



それは、天の声です!笑



天の声を無視して、天の環境を無視して、
「あれがいい、これがいい」は人生逆走です!

逆走はルール違反ではないですが、
またスタートに戻るだけだそう。

無視は、ムリ、ムダです!









「人生は私に何を求めているのだろう?」










どこかにいる何者かではなく、
あなたがあなたでいるために、

人生は何を求めているのでしょうか?

一緒に、考えていきましょう。



では、またです!










前里光秀研究所 和田一真