「人生は私に何を求めているのだろう?」 

今日、電話で
朝ミツさんと話していました。

そのときに、人の使命というか
考え方について少し教えてもらったんですね。





「この人生には何の意味があるのだろう?」





そう考えると、その終わりのない質問に
人はなかなか生きることに希望が持てない。

たしかに、人生の意味というのは
定義が広すぎて答えが分からない。



しかし、





「人生は私に何を求めているのだろう?」





そう考えると、自分の持っている

才能だったり、得意なことだったり、
今すぐできることをいかそうと考える。



今、すでにあるから
求められている!

それが分かる。










「就職の面接をしました!
受かりました!

でも、すぐ辞めました!」



または、



「ある会社からスカウトされました!
やってみました!

でも、すぐ辞めました!」










こんな状況でも、仕事だけではなく
家族との間でも、恋人・環境・人生いろいろありますが、

求められていることがある。



それを、でもでも~
と言ってしまうと、

元に戻ってしまうんですね!



せっかく変わろうとしているチャンスだったのに、

「求められているもの」が分からず、
またはそれを信用しないでいると、

元に戻ってしまいます。





「むしろ、マイナスになってしまうんだよ」





ミツさんは、そう言っていました。

たぶん、その「でも~」の中に
怒りがあることが、

いつも振り出しに戻してしまう!

ちゃんと、それがあることを
まずは理解していきたいですね





この質問に出会うことは、
何かを10年はやく達成することかもしれません。

例えば、ですが。

でも僕は、
そんな質問だと思っています。










あなたが今、いる状況で
何を求められていますか?

また、それを発揮していますか?

方法は、分かりますか?





もちろん、すべての人が考える必要はないですし、
また、そうでなくても問題はありません。

ひとつのきっかけになる質問、
ぜひ、考えていきたいですね。









前里光秀研究所 和田一真