漢字の秘密 

皆さん、こんにちは!
前里光秀研究所の和田一真です。





前回の『社内ワクスピ♪』は
いかがでしたか?



もう非公開となっていますが、
「私も今年の漢字を知りたい!」

という声もいただいているようです。










ところで、なぜミツさんは
人の1年をたった一文字の漢字にして、

なおかつその意味まで
ピタッと解読するのでしょうか?





ちょっと解説しますと…





--------------------------------------





人の存在を魂レベルで見たときに、
人は意識とエネルギーでできています。

意識とエネルギーなので、
もともとは煙のように柔らかい存在なのですが、

人の性格や見た目が
日々大きく変わらないように

それぞれ固有のリズムを刻んでいます。





リズムとは、性格であり、習慣であり、
癖であり、愛すべきものであり、あなたの本質です!

そのリズム感が、「こんな感じ」というように
「こんな漢字」が当てはまるようになります。





「漢字」も「感じ」も、
リズムです!

リズムを刻んでいる。



ちなみに、「漢字」をアナグラム化すると
「時間」となります。





 ○漢字→カンジ→ジカン→時間





つまり、漢字の中には





 ○時間=空間=3次元





が入っている。





-----------------------------------------





「漢字と書いて、時間と解く。」





その心は?





「人間がつくったもの」










「今年1年の漢字が分かったなら、
その漢字を大切に生きましょう!」

と言って、





「その漢字と過ごす時間を大切に!」

と解く。





またも、その心は?





「誰かに、高度に物事を伝えるには、
 欠かせない道具であり友人です」










ワクワクの時間、ピンク色の時間、
シブい時間、うわっもうこんな時間!



あなたの時間の色やかたちを
大切にしましょう!



という概念があるように、



強い漢字、感謝の漢字、あなたの漢字、
優しい漢字、神々しい漢字!

それも、すべて道具であり友人。

道具であり友人なら、
あなたを反映させる存在でもあります。







「どうか、最高の意味を与えましょうね!」







ということをお願いします!



昨年、『漏』という

不吉で少々恥ずかしい漢字だった僕も、
最高の意味を与えようと、





「ちょっとやそっとじゃ、
 それは今年も変わらないぞ!」





と力を込めて、今年の漢字『進』とセットで
意味を与え続けています。

人間が意識とエネルギーの存在なら、
その煙を最高の意味で充満させたい!





人の能力に差はあっても数倍、
しかし意識なら100倍は差がつきます!

その仕組みと使い方をお伝えしているのが、
私たちの仕事なんですね。





ではでは。

いつも、ありがとうございます。









前里光秀研究所 和田一真