2017年 『進』 和田一真の1年 

2017年テーマ 『進』





今年は、進む!
2017年は、進む!

これが、僕を助ける言葉だそうです。








 ○ 2016年は、『漏』
 ○ 2017年は、『進』








「一真くん、来年は
 それ以外は考えないようにね。

 意識して。

 考えるのではなく、仕事するのではなく、
 進むんだ。」





漏れが起きた2016年から、
とにかく前へ進む2017年へ。





それは、どういうことでしょうか?





「進む」とは、確実な前進、
誰が見ても分かるようなかたちで。





例えば、家庭においても仕事においても、
日々の動きを記録&報告する。

数字で記録し、報告すると、
そこに加速の法則がはたらく。

つまり、進むんですね!
物事が。





前進するにはエネルギーが必要で、
それも漏らしてはいけない。

集中して目標目的を見て、
それから進む。



進むからにはイバラもあるので、
高度に危機管理をしながら進む。

居ついてする仕事は、いわゆる作業になる、
というところもあるんだと思います。





いろいろあるんですが、

「進む」は、母音がすべて「う~」ですから、
「生み出す」の「う~」でもある。

「進む」と似ている「すぐ済む」もあり、
結果的にはパッと物事が終わる暗示も。

「進」以外にも、音の親戚としては
「勧」「奨」「励」など、意味はあります。





また、言葉の裏の意味としては、
「進まない」ときに2017年がうまくいきません。

じっくりやる、考えてからやる、
深く熟考する、などは

「す・す・む」とゆっくり発音したら分かるように
力が入らない音となって表れてきます。










つまり、またもやエネルギー漏れ!










本来の「進む」には、音とともに1・2・3と
前進する力強い響きがあるので、

その響きとともに生きる1年でいようと
決心したミーティングでした。










どうでしょうか?










ミツさんから聞いた内容に、
僕が理解した一部を書きました。



しかし、本当に凄かったのはこれからなんです!

なんと、ミツさんが

全社員の一文字を、次第に細かく細かく
分析しながら象徴しながら教えてくれたんですね。



まさに、ワクワクドキドキ♪



勇気さんや剛さんも
驚きの声と感嘆のため息の連続で、

凄まじい12月31日のミーティングとなったんです。






次も、僕が学んだことについて
書いていきましょう!









前里光秀研究所 和田一真