水蒸気とワンネスの話。 

9月って本当に早いですね(+_+)


心をやわらかくするなら9月です。

氷→水→水蒸気

要するに

個体→液体→気体


ですね。



この状態変化は、心の変化にも応用できます。



氷よりも水の方が小さい隙間でも入り込める。
しみこめます。

そしてさらに水よりも水蒸気。

同じ分子でありながら、
状態を変えれば見る世界が変わります。

氷よりも水蒸気の方が体積も大きくなります。
そして軽くなり空高く拡散していきます。


エリアを拡大できるので、
「把握」するの分量がまったく違う。

また、「やわらかい」ので、どんな形にも適応できる。



ここでポイント~!


湯気は水蒸気ではありません。
液体です。

目に見える湯気は、液体の小さな小さな粒です。

水蒸気は目に見えません。
湿度として必ずあなたの周りの空気に存在しています。


要するに、全エリア!全地球!に

「ひとつの湿度」

として存在している。




場所によって濃度が違うだけです。


だけど、空気に切れ目はないですね。
国の境界線はあっても、空気に境界線はありません。

空気は「ひとつ」です。
全人類の共有物です。


水蒸気も同じです。





だから、心を水蒸気(気体)の状態にしておく必要があるのですね。


「気体」は「やわらかい」

「やわらかい」は「ワンネス」です。



気体の心を持っている人は、
期待の心を持っている人。


人にも自分にも明るい期待を持っている人になります。



そういう湿度的なつながりを感じられる人は、
どこにでも存在できるし、誰にでもなれる。

未来にも過去にも現在にもなれる。

湿度は「ひとつ」ですからね


誰とでも何とでもいつとでも別ではないのですね。




そして、私たちは、
「冷たい」よりも「温かい」を好みます。

熱からはエネルギーを感じるし、
実際に熱エネルギーは運動エネルギーにも、
電気エネルギーにも変換できます。

熱からはエネルギーを得ることができるのです。



とにかく「温かい」が好きだし、
健康にも良いしメリットがある。


そういう観念がこの地球にはあります。



だから冷たい心よりも、
温かい心が良いわけですね。


氷の状態では冷たく硬い… (+_+)
逆に水蒸気は氷が沸騰した結果の状態です。

温かいということです。




だから、水蒸気的な温かい心の人は、
人から好かれます。


この世界で幸せを運んでいるのは人です。
好かれていないと幸せを運んできてくれない。



この9月というチャンスに夢を実現しよう!
と考えている方は、まず心を水蒸気の状態にしましょう。



水蒸気的な心でワンネスを体感するから、

夢も未来もひとつだと思えるのです。



美輪勇気