神様への注文書 

9月は高エネルギーです。

それをどう使うかが大事ですね!



イメージの完結に必要なポイントは…


次元を上げる↑↑↑ …かと思ったら、



真逆!



次元を下げる↓↓↓





10年後の未来が「いわゆるイメージ」の世界にあるなら、
そのイメージは高次元にあることになります。

生まれたてのイメージ世界はピュア。
色や香りや手触りが薄いですね。


その生まれたての世界に彩りをつけていくのには、
物理感というキーワードが必要です。


しかし、トレーナーなしで物理感を獲得していくのは至難の業ですね。


物理感とは3次元のことです。
イメージをし、3次元化することが夢の実現です。


シンプルですね。理論上は…



だからこそやってほしいことがあります。
そのやってほしこととは…


「高次元の2次元化です。」


もうお分かりですね。


「書く」か「描く」をしてくださいということです。





イメージしたことを書くということは、
3次元をすっ飛ばすということですね 笑


紙に書いて(描いて)高次元を一気に2次元にすれば、
次に3次元にするのは簡単♪簡単♪ということ。


もともと無限に広がった高次元の世界を、
平面世界に閉じ込めることができるなら、
その真ん中の3次元くらいなら簡単!


だから書くって大事なんですね。


だから、夢を実現している人の多くは、
書いている
んですね。


それも、より具体的に自分で読んでワクワク♪
するように描きたいですね。


箇条書きでシンプル過ぎる書き方をするよりは、
細かく細かくのめり込むように書いていってほしいです。






考え方はシンプルです。


「神様への注文書」


もし目の前に神様が光臨して、


「その模造紙に書いたことをすべて現実にします。」

「10年20年先の未来の注文書を作成してください。」



こう言われたら、それはそれはしっかりと明確に書きますよね。


幸せになりたい! と書いても、
その注文書は曖昧すぎて戻されてしまうでしょう。


どう幸せになりたいの?
あなたにとっての幸せって何?

と聞き返されてしまいます。




9月は、神様から注文書の提出課題を出されている月。

今月末までにしっかりと提出できるとよいですね♪







美輪勇気