赤ちゃんの泣き声の威力 



かつて?? 「大成功者」だったはずの大人の方々。

いつの間にか忘れてしまったかもしれません。



それを思い出す方法とは?



実は「声」です。


シンプル過ぎて疑うでしょう 笑

でも声なんです!


「声の小さい成功者はいない!」
と言っても過言ではないです。

はっきりハキハキ!大きな声で元気よく!


人気があって応援されていて夢を実現している人のほとんどは、
声をしっかりと出します。

「えっ?」と聞き返されるような声で人に何かを伝えようとはしません。

むしろ「全身全霊か!」

というくらい情熱的に大きな声で伝える人が多い。

要するに、「熱く語る」回数が多い。
その数は圧倒的です。




ここで質問!




「社会人になって思いっきり声を出した回数は何回ですか?」



※カラオケで思いっきり歌った… は微妙です(^。^)





実は驚くことに「0回」の方が多いです。

プロの歌手の方でも、そう多くはないと思いますよ。



前回の記事で、いつから夢を実現しなくなったのですか?
と問いかけました。


もしかしたら、
思いっきり声を出すことをやめた頃からではないですか?

遠くにいる友達に、思いっきり大声で「バイバ~イ」
って言わなくなってから?

「大きく笑う」ことを、遠慮してしまってから?






人間は全員が大成功者です。
赤ちゃんの頃に必ずその体験をします。


「大きな声で泣いて夢を実現してきた」


そうです。
赤ちゃんはあんなに小さな体で、
全力で全力で泣きますね。

こんなに大きな声が出るのか!
と驚くこともあります。


さらに赤ちゃんや子どもの声は、
大人の耳に察知されやすい周波数になっています。

身の危険をいち早く親に知らせるためです。
もともと備わった機能です。


とにかく「大きな声」を使って、存在をアピールし、
夢を実現してきたのです。

人気者であり続けた。
応援され続けた。




だから、いつの間にか忘れてしまった大成功者という在り方は、
あなたの声の中に残っている。



大きな声を出してみたらなんだかスッキリした!
という経験はありませんか?


それは、思い出しただけです。
簡単に楽しく夢を実現していた頃を思い出して、
ワクワク♪したからです。


スッキリ=ワクワク ♪



今日からこの3つを心がけてみてください。


① 笑顔で

② 元気よく

③ 大きな声ではっきりと話す。




さらに深くあの大成功者体験を思い出したいのであれば、



④ 大きく誰よりも笑って

⑤ 誰よりも人を笑わせて

⑥ 大きな声で隣の人を応援する


ボイストレーニングもおすすめですよ♪
大きな声を出す感覚を思い出せます!



最後にもうひとつだけシンプルに

「心をこめた言葉を出す回 数と幸せは比例する」

情熱的に語った夢は実現しやすいということですね。

声、言葉、心、全部大事です!





美輪勇気