人との出会いの中で 

「仕事」とは「事に仕えること」
「事」とは「人間関係のことです」

以前に、ミツさんに教えてもらったことです!

この世界で最も大事なこと、
それは、人との出会い、ですね!
「変化」も「創造」も「挑戦」も、
人間関係の中にあってはじめて成立します!

人間関係の中に変化があり、
変化を止めなければ、人は伸びるんですね。
エネルギーの交流を遮断しないことが大事です!

そしてまわりにいる人の主観が、
その人の未来をつくると言います。
人にどう思われるか?
というのは、とてもとても、大事なことなんですね!

自己実現も、創造性の発見・発揮も、
人の主観が鍵を握っているわけです!

でも、人の主観を変えるのは難しい…

なので、遠慮している暇はないんですね。
遠慮は「チャレンジをしない」という宣言です!

日本においては、
遠慮や謙遜は良しとされているようなところがありますが、
それでは到底、人の主観を変えることはできません。

もてるものをすべて投入し、
そこから更に実力アップをはからなければ、
「あれ?この人雰囲気変わったな」
と、ならないですよね!

微調整や修正の繰り返しでは、
人生は味気ないんですね。

自ら手を上げる、
自らリスクをとりにいく、
その気構えがあって、
はじめて集合意識から応援をもらえると言います!

今もてる能力をすべて出し尽くさなければ、
新しい能力は得られないのですね。
時に自分本位に、
どんどんラインを越えていく必要があります!

必ずカベは出てきます。
そのときに、
他との協力関係、他力本願を活用できるかどうか。


そして、
「3分間超集中できれば、必ず人も救える」
とミツさんが言っていました。

「1ミリ視点移動したら、未来では
景色は、横に数千キロも移動することになりますよ」と。

物語のはじまりは、フォーカスから。

「集中」の先で、
未来は予測不能な広がりをもつのですね!

大事な人間関係、
他との協力関係のもとに、
生きたい未来をイメージ強化して、
高いエネルギーをフォーカスしましょう!
その1日が、1年をつくります!






比嘉公彦