人生を左右する戦略 

人は元来、目的志向の動物であると言われています。
一度目標が決まれば、標的を狙うミサイルのように、
掲げた目標に向かって、
困難をものともせずに突き進んでいきます!

しかしこの目的や目標といったものは、
簡単にスイッチが入るものではないみたいです。
「自分がどうなりたいのか?」
ふつふつとわいてくるものが大事で、
まずは、勉強自体が目的になってもいいんですね。
そのぐらい、目的や目標といったものは、
そうそう簡単に、パッパッパッと出てくるものではない。

逆に言えば、目標や目的さえ決まってしまえば、
ナビに詳細な地点情報を設定できるので、
あとは潜在意識の力も使って、
自動操縦でそこに向かうことも可能かもしれません。

「発見9割、発揮1割」と、ミツさんはよく言います。
この発見に、莫大なパワーを要するのです!

なので焦りや、コンプレックスを根底にした、
「早く証明しなければならない」
という強迫観念や、自分に対する無価値観、
行き当たりばったりな感情的な思考が、
この発見を遅らせるものだと思います。

戦略とは、順番のこと。
人の人生も、会社も、商品も、
戦略がなければ、
なかなか世の中に認めてもらえません。

自分の中でふつふつとわいてくるもの、
まわりの人からかけてもらった言葉、
勉強してきたこと、
「こういうことをやりたい」「こういうものに興味がある」
といった、物事をスタートさせたときの初心、
日常生活の中の些細なものでも、
こういった1個1個のものを忘れずに、
コツコツと積み上げてためる。

その積み重ねや量が、
ある分岐点を越えてスパークして、
何かを発見するエネルギーになるんだと思います!

「忘れない」もまた、1つの戦略なんですね!
ミツさんも以前、
「もし自分に1つ、人よりも秀でているものがあるとすれば、
それは、忘れないことだと思う」
と話していました。

忘れる仕組みがある中で、
忘れない対策をとることが、有効な戦略であり、
それが、パワーを蓄えること、運をためること、
徳を積むことに、つながるのです!

不安感が強ければ、何かを忘れていたり、
まだまだ、徳を積む行為が足りないのかもしれません。

初心を忘れずに、順番を大事にして、
コツコツとためていく亀の姿勢は、
一見、地味で華がないように見えますが、
実はあれは、高度な戦略なんですね!
神話やおとぎ話には、
この世界の比喩が隠されていると言います。
1つ、自身の戦略を立てるときの参考にすると、
面白いかもしれません。






比嘉公彦