「細部を見る能力」強化トレーニング講義レポート⑤   



強化トレーニング講義レポート⑤ 

「細部を見る能力」



細部を見るということは、
把握するということ。


観察眼ですね。


集中力をフル活用して、細部を見る。
細部から見る。


これが観察眼の鍛え方であり、
情報の取り方です。



人は、問題が起きているのに気づかない。
これが問題だと言われます。


チャネラーは問題が起きる前に気づく。
だから有益です。



逆もあります。


人は幸せが起きているの気づかない。
だから幸せだと思えない。

チャネラーは幸せに気づく。
だから幸せ度が高い。





これが細部を見る能力を持っている人のメリットです。

チャネラーのメリットです。

相談者の問題に、相談者以上に気づくから、
「メリットのある人」
となります。


観察眼というのは、問題発見能力でもあります。
そして、問題解決能力でもあります。

なぜなら、人ははっきりくっきり見えているものじゃないと、
自分ではコントロールできない!

という観念があるからです。


問題がはっきり見えれば、
おのずと解決法も見える。




チャネリング能力のお話に戻しますね。

細部を見るということは、
深く相手に入る方法でもあります。

表面的ではなく、
深く深く相手の心に居続けることができる。


細部に焦点を合わせるのが癖であるチャネラーは、
細部の中の細部に焦点を合わせていくので、
誰も気づいていない潜在意識の奥にある情報にまで手が届く。



まとめると、
日常で視覚的に細部を見ることを習慣化することで、
集中力と観察眼が上がり、
情報へのアクセスが得意になるという理論です。




記憶力のトレーニングは、
また別の観点でのトレーニングの意味合いがあります。

記憶は潜在意識に蓄積されます。
潜在意識に強烈なインパクトで映像をコピーするトレーニングを続けると、
インプット時にできた回路にアクセスしやすくなる。

アウトプット(情報を取る)作業のポイントが、
みつかりやすくなるということですね。




参加者の皆さんには、
記憶力のトレーニングを2日に一回やってください!というお願いと、
細部を見ることを習慣化するようにお話しましたね。


29日のカウンセリング会に向けてよろしくお願いします!