チャネラーの未来 

人は、誰のために生きているのだろうか?



そして、誰のために成長したいと思うのだろうか?





自分?他人?それとも、意味はないのか。

もしあったとしても、それが意味がないのか。



そもそも、チャネラーという言葉は、

どういう前提、何の大義があって成立するのか。



誰にでも人生はあって、

もっと言えば人類に生成発展がある。



その、行きつく先は?





正直、わからない。




しかし、ミツさんが続ける「宇宙人コンタクト」という仕事が、

僕の頭を100倍速く回転させてくれた。



ミツさんといるだけで、頭がよくなった!



チャネリングという高速で回転する振動音のような響きが、

立体的な3次元の箱を開けるようにして、情報をもたらす。



そこに、感動だって

あるかもしれない。





------------------------------------------------------





チャネリングにも黎明期があるとしたら、

それは2015年までだったのかもしれない。



2016年3月、過去最大人数で開催された

「前里光秀ワークショップ10」





その数週間前に会ったSANから聞くには、

「たくさんのチャネラーが生まれる」ということ。



「それ、本当?」と思った僕でしたが、

結果的にそのようになった。



本当に、なるもんだ!





ある参加者の方は、研究所内プログラムで

1対1でメンタルについて徹底して学んだ。



ヨガの呼吸が導く、行動・動作・所作も

本格的ではないが、訓練した。



その過程で精神の深みが増した。

呼吸が垂れ下がって、地面についたよう。





「では、はじめましょう」





ミツさんに促され、参加者の方が

チャネリング会をしたんです。



用意された椅子に座り、

円で囲ってみんなが見つめるなか



「目を閉じて、手で三角をつくって…」



と誘導されてはじまると…





SANが来るときにいつも感じる、

後光の光と自然の風と渦の回転と

ワクワクが壊れるような轟音と静けさ。



(その場では分からないのですが、

後から思い出すと、なぜか決まってそうなっています)



それが、やって来た。





僕も、「チャネルに質問です」と。





その参加者の方は、普段は

そんなに話すのが円滑ではないのですが、

SANとなると、その「我」も消えていた。



僕が質問したのは10分もない時間でしたが、

ミツさんとSANの「時間」を多く共有してきたから分かる。





紛れもなく、チャネリングだったし、

あの論理はSANだった、呼吸はSANだった。



そもそも、いつものあの人はいなかった笑





チャネリングとは、いつものあの人ではなくなり、

急激に頭がよくなることをさすのかもしれない。





---------------------------------------------------------





あの方は、誰のためにチャネリングを学んだのか?



そして、誰のためにチャネリングをしたのだろう?



もっと言えば、生き方が変わってしまったのだから、

これからはどんな自由とフレームで生きるのだろう。



すべて、「自分のため」なのか。

違うのか。





この、「チャネリング」という概念は、

宇宙を分断した私たちの世界でのもの。



大事なのはここからで、

その壁画のような未来を体験したということは

永遠に自分が憶えつづけるということだと思う。



そう、一生忘れない笑



その記憶が、感動という振動で

ずっとず~っと、人生を変えてしまう。



自分のためでもあるし、

生まれた時代と、生まれなかった意識のためでもある。



そうなのかも、知れない。





ただ「チャネラーの席に座る」というカードを引く。

ジョーカーはいない、待ち望んでいたSAN。



「は~い!○○さん入りました~^o^」





もちろん、希望した人向け!

望んだら叶えられる時代、なのか。




僕も、よく分かりません!





------------------------------------------------------





またもや想像以上に
ミツさんのチャネリング情報は凄まじく、

多くの概念があの参加者たちにもたらされた。




それについては、またお話ししましょう!





そして、透視・チャネリングは能力者の特許なのか?



いや、違う。

待てよ、そうかもしれない。





もしそうだったとしても、

僕たち前里光秀研究所はユーモアが好きだから

いつだってそれを壊したい。



そしてあなたにも知ってもらいたいから、

次回はその席に座ってみたらいいと思う。



それは、ただの「選択」と聞いた。





本当に、シンプルだった!







ご参加の皆さん、ありがとうございました。

本当に、感謝です!



カラオケ、最高でした^o^





皆さん、ぜひ仲良く、LINEで、スカイプで、会って、

徹底して復習を兼ねて語り合ってみてください!



そして、誰かの役に立ってみたらいいと思う。

その生き方や成長に、意味もつけたらいいと思う。

先はわからないが、たぶん、ずっと楽しい。



それも、選択か。





そしてそして、前里光秀研究所は

徹底してスピリチュアル世界を理解してもらいたいから、

さらに一歩を踏み出すために、1対1でも学んだらいいと思う。



もちろん、希望者です。





目には見えないが、教育という手法で

スピリチュアルを仕組み化し伝え、人生に活用してもらう。



簡単です!





短期集中型「前里光秀ワークショップ」と、

長期講座型「特別顧問」など。



いろいろあります。





対面で、スカイプで、東京で、沖縄から、

ときにはテキストも使って、お勉強しましょう!



少なくとも僕は、そうやって

人生を再生させてきた。

勉強して。





では、ご縁ある方お待ちしております!

「実地訓練からの、論理的解釈を考慮した再考」





では、またです。








前里光秀研究所 和田一真