汗ダラダラのあの必死感 【ワークショップ感想】 


【前里光秀ワークショップ in 沖縄】



参加者 女性 K.Aさん




この沖縄ワークショップ10は、
本当にご縁なんだろうな〜と、
参加を決めた時に思っていました。

年に1回だけ、
1週間取れる休暇があるのですが、
たまたま私だけ、
まだ取っていなかったのです。


すでに取っていたら、完全にムリでした。



なので、後悔したくない。と思い、
重い腰を上げて申し込みさせて頂きました。

でも、特に意気込みとかは無く、
何が起きるのか、
自分がどう感じるのかを知りたかった。

という感じでした。

ワークショップで学んだ事は、
何でしょうか。

計り知れない程、大きいと思います。
この先に、気づく事もありそうです。


まず、他人と同じ部屋で過ごす。

あ〜。。だよね。

と思いましが、結果、
お二人の愛を沢山頂きました。


初日の夜、私が少し体調が悪いコトを知り、
マッサージをして下さいました。

もうお一人も、お風呂から出たら
マッサージしてあげようと思ってたところなの〜!と。

お二人のエネルギーを分けて、
癒して下さいました。

この事だけではありません。

何かお返し出来たかな?
と考えましたが、思い当たりません。

早朝の!
ビーチでのヨガ
に誘って頂いたコトも、
ホント〜に太陽が眩しく、
私にはあり得ないほどの、
大切な時間になりました。


相手の体への体外離脱は、
正直よく分からなかったのですが、
かなり面白かったです。

もっとリアルに実感してみたい!
と思いました。



真ん中に座り、チャネリングの練習をした事は、
かなりインパクトのある経験
になりました。

ミツさんに、

「自分に注目を集め過ぎてます。」

と言われた途端、
ぎゃ〜コレあたし恥ずかしいパターンだな。。!
と感じ、普段あまりかかない汗が
ダラッダラと出て来ました。


しかも全く映像が視えないので、
え?コレってただ想像して言ってるだけなんじゃない?

てゆーかマジで何にも視えないんですけど。
と思いながら、必死でした。

結果、スゴくいい経験になったな〜と思います。
視えないなりに、思い浮かんだ事を
必死に言葉にして伝えたつもりでした。

姉が、普段の私にはナイ、
汗ダラダラのあの必死感が良かったよ!
ナイスファイト〜。


と褒めてくれたので、安心しました。

そしてこの後、映像が視えない事について、
何名かの方に自分から聞いて、
アドバイスを頂いたことが、
私にとって大きかったと思います。

心にブロックをかけていて、
自分を信じていない、許可を出さない。

せっかくの贈り物を拒否している。
ただ素直にガイドに聞いてみればいい。
一生懸命やっていたから、
心が開いて来た感じがあった。

自分が言葉にした事は、
存在している事だからこそ、
自分がキャッチしたもの。

すべて真実。
呼吸を大切に。

そして、ミツさんが、
私の上と下をヒーリングして下さった事、
本当に感謝しております。
ほんの数秒で、
命を分け与えて下さった
のだと思いました。

ものスゴい事だと思います。

皆さんの想いとエネルギーを頂き、
1%の瞬間が、100%の宇宙へと繋がって行く。

旅の様ですね。

「すべて、命です。」

という、ミツさんが力強い声でおっしゃった言葉に、
感動しました。

鮮烈に、心に響き続けています。


着もしない服に埋もれ、
履きもしない靴を並べ、
朝ギリギリに起き、
とりあえずまともな社会人を装おって(?)いる私。

とっくの昔に去って行った男を忘れられず、
延々と脳内ストーカーを続けている私。

そろそろ勇気を出して、
「手放す」時かもしれません。


泣きそうですが。

皆さまと繋がれた事に感謝して、
心から生きる為に、決める。

人間になりたいと思います。
すぐには変われそうにありませんが、
まずは鶏肉の摂取量から減らしていきたいと思います。


本当にありがとうございました。