自分で決めた志に向かって 


また明日追われているとまた明日


また明日

追われていると

また明日






気づいたらもう一日が終わった。

気づいたら明日になっていて、

気づいたらもう一日が終わっている。




これが繰り返されるのは、
何かに追われているから。



仕事に追われる?

時間に追われる?

結果に追われる?




追われているうちは、また明日また明日・・・ 
が永遠に続きます。

追われるということは、
達成が先延ばしになるということです。


だから、成果を見ることができない。




何事も追われるのではなく、
能動的に追う立場になる。

これは「追いかける」という概念ではなく、
「成果をコントロールする」

ということです。



焦りではなく余裕。
強制ではなく自主。




自分で決めた志に向かって
自分で決めた方法で向かっていく。



追われていては、後ろしか見えません。
追うものは、前を見ているのです。