三位一体の改革 


三位一体=三つのものが、一つのものの三つの側面であること。

     三つの別々のものが、密接に結びつくこと。



★仕事

★責任

★成功




この3つの定義を明確にすると、

それらは三位一体であることがわかります。


強固な「2割対8割の法則」

今だかつて、この法則が崩れたことはありません。

それが強固であり続ける理由、

それは「情報格差」にあると思います。

チャレンジ、努力、運が良い・悪い、の前に

定義が曖昧では、まずどこを目指していいのかがわからない

と、ミツさんは言います。

標的がないロケット、地点情報が不明確なカーナビ状態です。

まず、一つ一つの定義を明確にしていく必要があります。


「仕事」とは、「事に仕える」

「事」とは「人間関係」です。

「人間関係」は「大事(おおごと)」です。

つまり、「仕事」をするということは、

関わる人すべての人の「心中を察する」ということです。

働くとは、「傍を楽にする」

自分が働くことで、まわりの人が楽になります。

自分が与える表現が、受け取る表現となります。

そして「仕事」に付随する「責任」について

「責任」をもたされるということは、時代や地域から

「関心をもたれている」「応援されている」ということです。

そして「責任」は、それを果し、完了した状態でもたされます。

事後のような感覚は3次元的な捉え方であり、

5次元的に見れば、

未来経由で希望物が届けられているような状態です。

関わる人すべてのハイヤーセルフの許可をもらって

「責任」をもたされています。

なので

責任=リスクではありません。

「責任」の量は、支持の量です。

より多くの人に支持されることによって、

大きい「責任」、大きい「仕事」を任されています。

この「仕事」や「責任」を追っていく先に

「成功」があります。

「成功」の定義とは、

「やりたいことを、やりたいときに、やりたい人と、

 やりたいように、やっている状態です」。

事に仕え、傍を楽にし、より多くの支持をもらうことで

はじめて、自分が好きなことをやらせてもらえるのですね。


未来では「10割対0割」です。

「成功」する人が多ければ多い程、時代は加速します。

どうすれば早くそこへ行けるのか。

今の時代に生きる一人一人に、その「責任」がかかっていると思います。

「責任」とは、「関心をもたれている」「応援されている」ということです。


三位一体=三つのものが、一つのものの三つの側面であること。

その一つのものとは、「愛」だと思います。


定義を明確にすること、それは一つの武器を手に入れて

この「2割対8割の法則」を崩しにかかる

その役割を担うことを意味します。

「責任」は重大です!


あなたは、「責任」は好きですか?

それとも、嫌いですか?

あっ、もしかして

「責任」の中に暮らし過ぎて、特別な

感情が起こらない方もいらっしゃるかも

しれませんね。





比嘉公彦