バランスが大事 


「人はうまくいく前提でしか物事を考えない」



しかし、ほとんどの場合、人には波があり、上もあれば下もある。

この下の部分も想定して動かなければ、本当の意味での

ポジティブとは言えない。



例えば経営でも、いろいろな問題が起こり

壁にぶち当たったときに、その壁を越えていくだけの

体力が会社にない場合もあるかもしれない。



その危機感も合わせ持ちながら、物事をスタートするということが

本当の意味のポジティブであると、ミツさんは言います。



ミツさんは沖縄から東京に進出する際に、

あらゆる危機を想定し、いざというときの

担保も持ち合わせて、入念な下準備の元に計画を進めてきたそうです。



つまり、ギリギリの状態で、いちかばちかで

チャレンジをした訳ではないのですね。



マーフィーの第5法則

「自然は絶えず、隠れた欠陥に加担する」

「欠陥」とは、「計画性」のなさを意味する。



シビアな現実を直視した

十分な危機管理能力



それこそが正に、計画性であり、その緻密な計画性こそ、

真の意味でのポジティブではないでしょうか。



上っ面の、偽物のポジティブに踊らされていては

人からの信用を得ることができない。「責任」をもたせてもらえない。

「継続」することができない。



生々発展のルールの中で、選ばれる生き方、負けない在り方。

加担されずに生き残る術。



十分な危機管理能力、その緻密な計画性。



「男は敷居を跨げば7人の敵がいると思え」



先人達の知恵の中にも、仕組みの中で生き残るその術が、

しっかりと継承されています。



ある日の特別顧問でのセッションより




比嘉公彦