メンタルビルダーより お金のエネルギーは1種類ではない 





お金はエネルギー体である。



しかし、1種類ではない。



お金のエネルギーが1種類しかないというのは



食べ物=牛丼



という考え方ぐらいに、凝り固まってしまっています。



食べ物にもいろいろな種類があり、

例えばパスタとカレーライスでは、

そこから得られるエネルギーが違います。



お金も一緒で、

そこにはいろいろな種類のエネルギーがあるみたいです。



通りを歩いていても、いろいろな種類の人がいます。

紳士な人、上品な人、オシャレな人、

スポーツマン、セクシーな人、可愛らしい人



いろいろな種類を認め、

そこにアンテナを張り巡らせるからこそ

いろいろな種類の情報をキャッチすることができます。



人間にも、食べ物にも、いろいろな種類があるように、

お金にもいろいろな種類があることを認める、

認識することで、



お金に関して1つ、

やわらかい物事の見方を入れることができます。



また、いろいろな種類のお金のエネルギーを感じ、

それをキャッチすることができると思います。



そしてお金は、

所有者のエネルギーに染まるという性質があります。



性格がオープンな人がもつお金は、

同じようにオープンな性格であり、



シェアをすることが好きな人がもつお金のエネルギーも、

またシェアをすることを好むと言います。



もともと、便宜的なツールとして生まれたお金。

お金の概念を格上げし、

その格で自らの創造力を制限する傾向にある現代において

お金に関しての勉強や正しい理解は



お金に関しての誤った観念を外す

そのリハビリになります。



時間をかけて、その認識を浸透させることで

お金とも

ハッピーコミュニケーションを成立させていきたいですね^_^



そして、いつ頃にそのパラダイムを転換させるのか。

その時間軸を決定することも、とても重要だと思います。



考える=決める



いつ頃にするのか、ワクワクする好奇心をもちながら

真剣に考えて、決めていきたいですね。






比嘉公彦