「希望や願望は簡潔に伝える 潜在意識は忙しい」 


潜在意識に希望や願望をリクエストするとき、
簡潔に、明確に伝えることが望ましいです。

毎日、膨大な量の情報を処理している潜在意識は忙しいからです。

希望や願望が漠然としていたり、曖昧だと、
潜在意識は何をどうしていいのかよくわからない。

なので具体的に細かく
なるべく簡潔に、明確に伝えることが望ましいです。
そしてそれを反復することが効果的です。

例えば、
「何月何日までに、これぐらいの売り上げを達成する」
「今月は5万円の臨時収入を得る」
のように、具体的な数字目標を掲げて、
その数字を追う行動をとる。

そうすると潜在意識は、
その数字目標を達成するための情報や手段、
達成しやすい状況を引っ張ってきやすい

また、その数字目標を追う姿勢を見て、
「この人はこういう感じの人なんだな」
「こういうふうになりたいんだな」
「あそこに行きたいんだな」


という、
自身が目指すべき理想像を潜在意識に伝えやすい、
アピールしやすいです。

自分が普段、
何気に目にする数字や、愛着のある数字を使って
その数霊の応援ももらいながら、
潜在意識と密にコミュニケーションをとり、意志の疎通を計る。
具体的で明確な言葉と数字を使い、希望や願望を簡潔に伝える。
それを反復する。
その想念の繰り返しは、ある日驚異的な力で作動します。

ポイントとしては、紙に書いた数字目標などを、
表面意識と潜在意識の境目が開くタイミングである、
睡眠の前後に見たり、唱えたりすることです。
また、よく目につくところ、携帯の待ち受け画面などに表示させる、です。

潜在意識とのスレ違いをなくすことができれば
好きな人とのスレ違いもなくすことができるはずです。
きっと。



比嘉公彦