だから、「ない」と言われます。 



出会いと別れ

生と死

光と影

・・・。



相反する結合とも言えるこれらの言葉や現象は、
なぜこの世界に当然のように存在するのか。


考えたことがありますか?




これは「空間」の象徴。


「出会い」 間 「別れ」

「生」 間 「死」

「光」 間 「影」



2龍の対照的な言葉には「間」というストーリーがある。

それが「空間」


出会ってから別れるまで

生まれてから死ぬまで

光が進みだし途中で物体遮られ、その後ろに影ができるまで


その「間」には、必ずストーリーがある。


その「間」 「空間」 「ストーリー」


これらを私たちは「人生」と言う。


人生は、人と人の「間」にあるもの。

人生をを創りだす存在のことを「人間」という。



だから、人生は必ず存在します。





しかし、この世界には本当は「ない」と言われているものがある。


それは・・・






「時間」





現在、時間と数字というのは、切り離すことができない。

数字なしで時間を伝えることは、できない。

過去にはあったのかもしれないが、「今」という結果をみれば、

時間を数字で表現することが絶対になった。



「時間」と「数字」




この一体となっている2つのものには、
実は「間」がない。


ということは、空間もない、ストーリーもない。






だから、「ない」と言われます。