人はひとりで成長しない 

人はひとりで成長しない













人はひとりで成長しない。

皆さんは、どう思いますか?










たしかにそんな話を聞いたことあるような、
でもこれまでひとりでやってきたし…












皆さんは、どう思いますか?













もし、人はひとりで成長するのなら、
いつ、どのとき、どのように、

ひとりで成長したのでしょうか。



もちろん人によって
それぞれのリズムがありますから、
その瞬間をこれから迎える方もいらっしゃいます。











ちょっと、考えてみましょう。










ある優秀な人が、あるプロジェクトについて
ほんの数か月間で当初の目標を達成した。



その人は、来る日も来る日も
誰よりも真摯に仕事と向き合い、
努力もした、時間を投資した、集中を突っ込んだ。

その人は、その実績が評価されて
晴れて次のステップへと進んだ。

例えば昇進、例えば昇給。




その人は、こう言った。

「これからも、おごることなく頑張ります」











この方は素晴らしいですね!

とっても、マジメな人です。
着実に、成果を上げていく人です。

いいね!












しかし、本当にそうでしょうか?













その人が、素晴らしいんでしょうか?














-------------------------------------------------------------














ここで、
とっても大事なお話があります。


あるラインから、ある領域から、
そのままでは先に進めません。







なぜか?







どんなに優秀でも、どんなに明晰でも、
人は、ひとりで成長しない。

それは、高めれば高めるほど
クローズアップされる問題です。









今、僕の教え子には
学年で成績1位を目指している生徒がいます。



やることは、やった。

学ぶことも、学んだ。

ちょっと緊張しても、余裕がある。

ほぼ、正解する。








しかし、どの世界でも

上位2割というのは
だいたい実力は同じなんです。








それでも、トップをとる人と
そうでない人には圧倒的な差がある。





それが、そのポイントが、
人はひとりで成長しない。

です。









その生徒は、これから
その大きな壁にぶち当たります。



それを知っている僕たちは
そ~っと、そ~っと、その壁を

クリアしてもらうべく、
特別布陣を敷いています!笑








何を、するのでしょうか

学んでいる方は分かるでしょうし、
分からなくても、考えてみるといいと思います。












人はひとりで成長しない。












これは、すでに僕の持論であり、
ミツさんから受け継いだDNAであり、

宇宙の本質です。











いかがでしょうか?











皆さんの中にも、
そういう思いが暖かさとなって射したとき

さらなる変化が訪れるのではないでしょうか?



もちろん、すでに知っている方も
それをもう一度考える日にしてもいいかもしれません。








うちの生徒も、考えることになるから









では、今日はここまでで~す。

それでは、また。










株式会社 前里光秀研究所 和田一真