漠然 





「何がしたい?」





1時間後、明日、あさって、来月、来年、
3年後、5年後、10年後、30年後…






「何がしたい?」





こう聞かれた時に、どう答えるか。

どんな答えを持っているのか。


これはとても重要ですね。



この世界はイメージです。


「1時間後、明日、あさって、来月、来年、
3年後、5年後、10年後、30年後…」
にどんなイメージを抱いているのか。


仮に何もないのなら、どうなるのか。


考えたことがありますか?


「何もない」と思っていても、
必ず何かあるとしたらどうしますか?










「漠然」


意味:その考え・気持がとりとめなく、範囲や内容がぼんやりしていること。



この言葉に心当たりがある。

この言葉を人は行動したことがある」

そしてこの記事を読んでいる今、まさに「その行動中」



「30分後に自分が何をしているかイメージできますか?」

明日は?

来週は?

来月は?

来年は?



こう聞かれれば、もしかしたらイメージできるかもしれない・・・


いや・・・ 聞かれてもイメージできない場合が多いのではないでしょうか。





だけど、

30分後、明日、来週、来月、来年は、
ほぼ必ずやってきます。

イメージしていないのにほぼ必ずくる。





漠然と。

範囲や内容がぼんやりしたまま。





これが「漠然を行動している」ということです。




そしてこの事実をどう捉えるのかが、
とてもとても大事です。





ある人は「自分はダメだ・・・」と思う。

ある人は「よくわからない・・・」と目を背ける。

ある人は「すごい!」と喜ぶ。







「すごい!」と思えれば「良い」かもしれません。

だけど、何がすごい!のかによって違う。







重要なのはそれを知って

「どう感じるのか」

より、

「なぜそう感じるのか」

だったりする。


心の中身はなんだろう??




ある人はこう言いました。





「明日に漠然としていたら漠然とした明日が必ずくる」

それなら・・・

「ちゃんとイメージしたら、ちゃんとした明日がくるんだ!良かった♪」





前向きでイイ!





だけど、「ちゃんとイメージする」ってなんだろう??











川満由希夫より