第2階層の情報 CT3 


Aさん    「Cさんはどうすればよかったのかな・・・?」



TOUDAI   「もちろん最終決定者はCさんです」

        「だけど、チャネラーAさんは最強協力者になれますよ」




------------------------------------------------------




第1階層の情報は、現実に作用しないとお伝えしました。


※3階建ての建物を縦に切って、
横から見ている図をイメージしてください。

上から順に第1階層→第2階層→第3階層






それではその下の第2階層は?
そして、
情報の階層を下ろすにはどうすれば…。








「チャネラーAさんの視点」


Aさんに必要なものはなんでしょうか?

知識? 経験? 能力アップ!?




もちろんすべて必要。

しかし、論点はそこではない。


「それらを向上させるものは何か?」

の方が重要。


能力アップするには知識が必要、
知識は経験から得られる。

経験があるから能力が上がる。
などなど・・・ 順番ではない。



「何をしたか、何があるか」


というのはもちろん大切だが、
実際は土台に「ある状態」を作ることが必要。

それが、



「確心(カクシン)」


※確信ではなく確心
  確信とは、かたく信じていること、疑わないことという意。
  「信じる」は心でなされることなので、概念は「心」が上。





チャネリングには、確心が必要となる。

  




これは責任感から生まれる。

リアリティへの責任感。


※「リアリティへの責任感についてはオーディオBlogにて♪」


責任感はリスクを呼ぶ。

ここでいうリスクとは、
ネガティブを連想すものではない。

しかし、普通に考えれば「大変なこと」
ではある。



シンプルに言えば、

「他人の責任をも自分のものにする。」


これが確心を生み出す手段のひとつ。


リスクにはチャレンジが隠されている。

そこには知識・経験も潜む。

無数の知識よりも、ひとつのリスク。
無数の経験よりも、ひとつのリスク。


物事は包括的に触れることが望ましい。



要するに、リスクが知識、経験値を上げ、
それが「確心を上げ、その確心がリスクの質と量を上げる。」

もうお分かりでしょうが、この一連の動きが、
情報へ確心を注ぎ込む。

すべてが循環して一体。


※ただし、これが「すべてではありません」



「確心」の分量がおもりとなって、

「情報を下ろす」





第2階層の情報の性質は、


「Cさんの心を揺らす」




チャネラーAさんが第2階層にいる場合、
情報への感度が違う。

情報を大きく大きく2つに分けたとき、
必要な情報とはこの2種類。



「問題解決情報」

「物事発展情報」



仮にあなたが山頂にいて、
そこから見下ろす先に情報の雲海が広がるとする。


雲海からそびえ立つ光の柱の高さが情報の質だとして、
それを見つける能力が感度。


質の高い情報は、Cさんの心に響く。

「確心」が添えられていればより、響く。


響くとどうなるか。


それは様々だが、ある人は喜ぶ、
ある人は嫌悪感、
ある人は恐怖、ある人は高揚感、
ある人は・・・ 



まとめると、「感情が騒ぎ出す」



感情は現実創造のエネルギー。

それがCさんの創造性とイノベーションを起こし、
現実が変わる・・・ かもしれない。


100%はない。


しかし、きっかけ%は上がる。

最終決定者のCさんが、どうするかが重要。

その当然の事実の中で、
どこまで心に接近できるかがもっと重要。


これは、ガラス一枚向こう側にいるCさんの「心の中の人」に、
ガラスの外から大声で話しかけている状態。


心の中の人が気づいてくれるかわからない。

たとえ気づいても、
ガラスのそばまで来てくれるかわからない。

そばまで来てくれても、声が届くかわからない。

声が届いても、聞いてくれるかわからない。

聞いてくれても、実行してくれるかどうか分からない。

・・・。



こういう状態。




前回の「心の±0」で表現すれば、
チャネラーAさんも、Cさんも心はプラス状態。

足して確実に+状態。


ただし、いつでも0になる可能性を秘めた、
不安定な状態でもある。



たとえば、

「自分の達成したいことを紙に書いて部屋に貼っておくといいよ」


というスタンダードな情報がCさんにとっての最大の課題だと仮定して、


「それだけでいいんだ!すごい!」


と言ったCさんの「心の中の人」が、


「そんな簡単なわけない」


と言っているなら、ゼロになる。



ちなみに「心」と「心の中の人の意見」は別物だと考えてください。

「心というガラス張りの部屋」がプラスの状態でも、
「中の人」がそうでない場合がほとんど。


ここがポイント。









第2階層の情報とは、チャネラーAさんの日常の鏡。

「日々何をしているか」

この問いへ答えが必要となる。


ちなみに、第2階層でチャネリングをしている人間はそう多くはないようだ。



情報元との信頼関係が完全になっていない。

情報元を知らない場合が多い。



確心の定義は3つ。


1、自分への確心

2、情報への確心

3、情報元への確心



多くの第2階層は「3」の定義でブレーキをかける。
ただし、わかりやすく3つに分けてあるが、実際は一体。

連動して成長もするが、連動しているが故に退化もする。









------------------------------------------------------



Aさん    「かなり高度で難しいです・・・」


TOUDAI   「僕もそう思います。」


       「しかし、今、Aさんにお伝えしているのはごく一部なんですよ。」



Aさん    「・・・。」


TOUDAI  「第2階層についてだけでも・・・ 時間が足りません。」