感度を上げるためになすべきことはまず3つ。 



「週に一度本屋に行く人は成功する」



なぜでしょうか?




潜在意識が全ての情報をリーディングするから・・・




そうですね。

シンプルに言えばこれが理由。




「だけど、本当にそれだけ?」



本来ならこんな疑問が一番、
仕組みをただの情報にしてしまうのですが、
今夜はあえてその疑問に挑戦。




実際はそれだけでも十分です。

だけど、十分ではない。



大事なのは何のために行くのかであり、

「行くために行く」

ような空回りは避けるべきです。


仮にあなたが「成功するために」と思ったとします。



そこで矛盾を感じる必要があります。


たとえば、「潜在意識が情報をリーディングするから」


という明確な理由があるとしても、
それは本屋じゃなければいけないのか?


今や情報は空気よりも濃い。


それだけ生活に充満しているのだから、
本屋限定というのは違うのでは??



少し考えればその矛盾に気がつきます。



実際に集合意識という言葉があります。

そのエリアは「地球の集合意識」
と言われることがあるくらいの大きさ。


地球規模でのネットワークがつながっている。


地球規模まで拡大できる・・・


ということは、あなたが今自宅にいて、
本屋があなたの住んでいる街にあるのであれば、
そこにいながら情報のリーディングはできる。


理屈ではそうなります。


ではなぜ「本屋に行く」必要があるのか。



ここに心のからくりがあります。




結果から言えば、


「僕たちは心を操ることができる」


潜在意識は難しい、とされている。
そして実際に難しい。


しかし理論的には、操れる。


すごくシンプルです。



家にいても世界中の情報をリーディングすることは可能。

というよりも既にしている。



だけど、僕らにそんなつもりはない。



そこがポイント。



ストックは既にあるけど、使える気がしないのです。



なぜなら、不明確だから。


明確とは何かといえば、「意図」です。



「自分の意志で本屋にいくと、情報をリーディングしてそれを人生に活用することができる」

という勘違いを意図的に起こすのです。



もともとできているのにできないと思う癖があるなら、
できると思う癖を見つけて実行する。



ただそれだけです。


こうやって自分の心を操る。


スイッチをONにする。


しかし、その「ただそれだけ」のことを、多くの人がしないだけです。


だから、した人は負けない。


たとえばあなたが今日の朝6時に本屋に行って有意義な時間を過ごしたなら、
まずはその日一日は、本屋に行っていない人には負けない。







「スイッチをONにする」




そのさらに上の概念が、チャネリングです。



リアリティへの好奇心とも言えます。




それが面白いと思えてくる。

リアリティと仲良くなってくる。

そうなると、結局僕たちは何をしたいのかが見えてくるかもしれません。

感度が上がってくる。




そしてそれは勉強で理解できるようになります。





「生まれ持った才能じゃなくてよかった」





だけど、勉強するしないは、才能です。




だけど、リアリティには必ず2%の抜け穴があります。



勉強して見つけましょう。




明日から僕たちは、感度を上げるためなすべきことをします。



ヨガ
早起き
瞑想



ぜひご一緒に。



川満由希夫より