知覚する技術は持ち、設計技術がない。 


繊細な人は、リアリティーを細部まで確認することができる。


だから本当のことがわかる。

本当の欠点がわかる。

本当の美点がわかる。




それ以上に、意識がわかる。




意識を知らずして、この世界を堪能することは不可能。

意識を知らずして、この現実を変えることは不可能。



意識とエネルギーで構成されている世界では、
目に見えるものよりも、目に見えないものに目を向ける。

目に見えないものの方が大事。

目に見えるものは、意識とエネルギーの結果。
その原因は意識とエネルギー。


目の前の集中することが大事と言われ、
だけど、目の前の結果ばかりに囚われるなと言われる。

「矛盾」

矛盾とは、目には見えないもの。
姿かたちを説明できないもの。


だから大事。


矛盾から目をそらして、この世界を堪能することはできない。



あれもあり、これもある。



だから今日がある。




イメージの世界では、「矛盾」の設計者が必要になる。

チャネラーである多くの人は、
知覚する技術は持ち、設計技術がない。

だからチャネラーと名乗りたくない。


イメージの世界では、創造の設計者が必要になる。

チャネラーと名乗りたくない多くの人は、
知覚する技術は持ち、設計技術がない。

だから「現実は自分で創っている」と言いたくない。




しかし、チャネラーである少数は、設計技術を持ち、
「現実を自分で創っている」と言わず、
他の人の現実をも自分が創る。




川満由希夫より