コアセッション 

・コアセッション

必ずチャネリング会と同日に行われる。

チャネリング会終了後に、
希望する方のみ行われるセッション。


時間は20分、個別。

当日のチャネリング会参加者のみ受付可能。

3時間のチャネリング会は、日常からの離脱。

その場は尋常じゃない周波数の高さになる。

理由はひとつ。

多次元と強烈につながる「ポイント」がその場にある場合、
時空は通常を保ってはいられない。

目に見えるか見えないかは、その人の感度。

体感するかしないかは、その人の感度。


ちなみに前里はそれを完全に知覚する。

「空間が柔らかくなっている」

と表現することが多い。


そして、「ポイント」である前里自身は、
3時間もの接続の継続で、
最高感度になっている。


ある時、周波数が上がり過ぎて、


「目の前のグラスを消せる」


と思ったそうだ。



そして参加者みなさんも、その状態の中にいる。



前里が表現した、「柔らかくなっている」という状態。


入るし外せるし創りやすい。


「場」と「前里」と「あなた」が、
まさにイノベーションを起こす。


骨格の歪みを正す時、
まずはマッサージで肉体を柔らかくする。
その上で整えていく。

そうでなければ、
固まった筋肉が邪魔をしてしまう。

正常に整えることすら難しい上に、
整えてもすぐに元に戻る。


しかし、ぐにゃぐにゃになった後であれば、自由自在。


骨格に直接触れる勢い。

ダイレクトな20分間になる。

ダイレクトな変化になる。


これが、コアセッションの底力。