笑ってるより、怒ってる方がまともだ。 





「ある人の頭の中の話」










何を見て、何を知りたいのだろう。

何が楽しくて、何を幸せというのだろう。



そんなことばかり考えているから、
本当に必要なことが見えないんだ!


そんなことも考えないから、
毎秒、毎分、毎時、毎日、毎週、毎月、毎年・・・ 同じなんだ!



こんな調和のとれない文章が、
自分を的確に表現しているように見える。




そんなのは悔しい!じゃないか。

そうやって腹を立てる。





だけど、それがイイ!



怒りを悪者にするなんて、10年早いんだ」



自分に怒って怒って、

自分を嫌って嫌って、

悔しくて泣いて泣いて、


やっと顔を上げることができる。



笑ってるより、怒ってる方がまともだ。


怒ってる!




僕は、私は・・・   「自由!」





そんなこと思ってもいないのに、

腹も立てないなんて、

どれだけ自分に無関心

どれだけ人生に無関心








勉強することは、人生を育てる行為。



でもやらない。



自分のできる範囲のことしかやらない、

それをすべてだと思い

そのすべてが最高の状態だと思いたがる。


だけど、決して嘘をつかないこの宇宙が、

無言でその真実を暴く。


それに必ず気づくから、知らないなんて言えない。



だけど、知らんぷりをしてしまう。

気づかないほど鈍感なら、ホントはこの世界にはいられない

なのに・・・


知らんぷりをしていたら、もともともろいリアリティは、
あっという間に崩壊する。


そして「前は良かったなぁ」って、笑顔で誰かに話す。




でも人は人を救うから、たまに、
ごくたまに前より良い「今」を体験する。


でもそれは人は人を救うから。


人に救われてやっと連れてきてもらえただけなのに、
自分で来たと勘違いをする。



そしてまた自分のできる範囲のことしかやらずに、

知らんぷりを続ける。



いつまでそんなことをやる?

いったい誰がとめる?

これはいつ終わる?

いつ変わる?





またそうやって「待つ」

待つ待つ待つ・・・ 。





待ってたら、もう1年も経ったんだ!

待ってたら、もう3年過ぎたんだ!

それにびっくりしてたら、4年も過ぎたんだ!


そう思っていたのに・・・  

それすら忘れて7年過ぎていた。





まったく無駄な時間。

時間の浪費家は、何でもかんでも浪費して、

何も持てなくなるんだな・・・








「あぁ~ やばい早く勉強しないとまた・・・ 」







・・・(>_<)