チャネラー部屋 

チャネリングとは・・・


能力、技術、才能、選ばれし者の・・・。


いろんな考え方があると思います。



しかし、それは少し違います。






チャネリングの能力を上げることは、トレーニングでできます。



だから、「チャネリングの能力を上げたい!」

という思いを持って、一生懸命にトレーニングをするのは良い。




だけどこれは、「チャネラー部屋」への入口です。



いや・・・ 入口の「ドアノブ」です。




「なんだそんなもんか(´ー`)」


と思うかもしれませんが、
言い換えれば、入口の前まで行き、
ドアノブに触れることができるのです!



これ自体、奇跡的な進歩です!



ドアノブと表現したトレーニングは小さい風穴

「風穴」は小さいかもしれないけど、
向こう側とつながっている「事実」です。



それは、触れることができるチャンスです。


0か100かという考えは、物事の進行を妨げます。



たとえ直径1ミリの風穴でも、
「向こう側の風に触れることができる」




何度も言いますが、これは奇跡的!

普通は触れることなどできません。




ずーっとずーっと意図を持ち続けた結果、
なんとか触れる場所まで来れた」というのが正確な表現です。




だから、TOUDAI別科を受講している方、
これから受講する方、TOUDAI別科がリアリティにチラつく方々は、



意図を持つ人々です。



そして、意図を持つ大義があります。



それに気づくかどうかは、最終的には本人に委ねられます。

正解も不正解もない。

失敗も成功もない。

後悔もない。

何が起きても、フラットな出来事として流れます。





話は変わります。



「チャネラー部屋」に完全に入るには、テクニック重視では不可能。






チャネリングとは、能力や技術ではないからです。







ではチャネリングとは・・・ ?















それは・・・

































































「ひとつ」です。












ゆきぃでした!


またね(^-^)/