「今」を一流にしなさい。






人にはそれぞれに「目の前」がある。


赤や黄色や青であったり、
個体や気体や液体であったり。






違う。







だけど彼らは、隣の人の「目の前」と、
自分の「目の前」の差にこだわり、
その差を埋めようと必死になる。


それが人生だと、
それが幸せの方法だと、
強く信じてしまった。





「そんなミスを、当たり前の生き方にしてしまったのはなぜだろう・・・。」





時々意味深な問いかけを持ち出す彼らは、
まるでそれが「此処」からの脱出方法のように自信満々に語る。



そして、時を止める。

「それじゃダメだ!」

わかっている。

でもやめられない。




だけど、そんな無駄はもう「やめたい。」







それなら、「今」を一流にしなさい。







遠くで誰かがそう言っている。






彼らは、彼らの「目の前」に全力を尽くすことでしか、
納得はできない。




「今」というのは、本当に瞬間のことを言っている。

「最近」や「ここ一年の仕事」や「しばらく続く停滞期」のことではない。


「今この瞬間のこと」


手を「パンッ」と叩いたこの瞬間のことです。





彼らの人生は生(ナマ)のモノです。

人は生で生きる。

大切なのは、昨日や明日や1分後ではなく。

手を「パンッ」と叩いたこの「今」です。




「今」を迎えた時に、後悔してはいけない。

「今」の成果を、未来に期待してはいけない。






「今」は「今」の度に完結させるのが約束だったはずだ。







遠くで誰かがそう言っている。