一生懸命に生きるということ。  


静かに。

静かに。

無音で。

独りで・・・






あることをすると、瞑想と同じ効果がある。






これは、前里が最近自ら体験したこと。

ごく当たり前のように思えるその出来事は、
偶然のように、だけど、必然に前里の現実に入り込む。


全社員に伝えられたこの大切な大切な瞑想方法は、
とても清らかで、僕たちの心を魅了する。



その方法とは、




静かに。

静かに。

無音で。

独りで・・・   








「食事をする」









前里光秀研究所は、とにかく社員同士が仲良し♪
だから、みんなで食事をする機会が多い。

おそらく圧倒的な回数だと思います。

それにはもちろん深い理由もありますが、
みんなで楽しい時間を共有するという文化でもある。





そんな中、前里がある日何気なくとった行動。

それが「独りで静かに食事をする」




玄米と味噌汁のみのシンプルな食事は、
シンプルだからこそ深みがある。


そして、静けさの中で聞こえるのは、


お箸の音。
玄米を噛み砕く音。
味噌汁をすする音。


一般的に食事の「音」というものは、
好まれるものではない。

しかし、前里はこう感じた。



食事とどう向き合うかによって、








「それは音楽になる。」









想像してみてください。




「音と香りと食感と、味の深み」




たとえば、テレビを観ながら、音楽を聴きながら、
おしゃべりをしながら、本を読みながら・・・


それを感じることができるでしょうか?


そうすることがダメだというのではなく、
たまにはそうではない食事の仕方も、
高度な意識を育てる方法になるのではないだろうか。





僕らの体は集中を求めている。

僕らの意識は集中を求めている。




生きるために食事があり、
生きるために呼吸がある。




その重大な出来事の連続を繰り返しながら、
僕らは「生きている」



だからこそ、その重大な出来事に集中することは、
瞑想であり、人生そのものになる。





特に僕ら日本人は昔からそうしてきた。


「食事中は静かにしなさい!」


子どもの頃によく叱られた記憶がある。



そして前里が言った言葉、




「だから日本人は強い」




文化として毎日の食事が瞑想になっていたのだから、
意識が高められて、強い民族になったのだろう。

世界最古の国となっている理由のひとつかもしれません。









前里はスピリチュアルな能力を持っている。
そして能力者として生きてきた。


その中で、長く長く大切にされている「瞑想」に必ず出会うのです。


宇宙意識を通して、ヨガを通して、食事を通して・・・


なぜなら、それが本当に大切な大切な「出来事」だから。



だから僕らは、一生懸命に「瞑想」をしてみる。

それが一生懸命に生きる姿のだとしたら、
なんだか格好良いじゃないか!


そう思える。






あさってからは、呼吸に集中し、
食事を「しない」という方法で食事に集中する。



そしてヨガをして体に集中し、自分の心に集中する。




そして研ぎ澄ました意識にさらに集中し、
「透視」に集中し、「チャネリング」に集中する。




集中三昧。




ヨガとファスティングと呼吸と・・・ 透視とチャネリング。




こんな斬新なコラボレーションは面白くて仕方がない!




美容、意識、集中、スピリチュアル、透視、チャネリング。



すべての体験のすべての上昇を!










ゆきぃ